誰か50万貸して!個人間融資は危険?明日緊急で必要!方法と臨時対応は

2019年4月22日

誰か50万貸して!個人間融資って危険なの?

誰か助けてほしい。

  • 二人の子供の学費、特に塾代がかかるようになったんです・・・
  • 1ヶ月のカフェ代を合計してみたら、5,000円以上かかっていたから。
  • カフェ代だけで年間7万円近くかかる計算に恐怖を感じました。こんなことを3年も続けてました。

誰か50万貸して!個人間融資って危険なのでしょうか。

どうしても今すぐに必要なんです。親戚や友人、家族に頼ることもできない。。。どうしよう。。。

あなたは現在こんな心境ではないですか?

今回は、 誰か50万貸して!個人間融資が危険か気になる!あなたに役立つ体験談と解決策をお伝えしたいと思います。

もしかしたら、あなたは今すぐにでもお金の工面に切羽詰まっているかも知れませんね。

[quads id=1]

結論からお伝えしますと、3つの方法が即金に効果があると私は考えています。
NO. 対処法 オススメ度
1 ネットで私物を売ってお金を得る ★★☆☆☆
2 親や兄弟、親戚にお金の協力を依頼する ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用する ★★★★★

カードローン、借金、リボ払い・・・いずれも世間的にはネガティブなイメージのあるワードではありますが・・・
でも、甘いものを食べてもすぐ歯を磨けば虫歯にならないのと同じで、返済計画をしっかり立てられるのであれば、賢く利用することができますよね。

誰か50万貸して 個人間融資 危険?人の数だけ悩みがあります

お悩み紹介していきますね。 誰か50万貸して 個人間融資 危険 どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

  • 個人間融資を利用するのは、債務整理や自己破産など信用状態に問題があり、金融機関からは借りることができず困り果てている人たち。
  • 個人間融資掲示板は闇金の格好の餌食となります。
  • 個人間融資に潜む闇金業者の最も分かりやすい特徴は高額な利息の要求です。
  • 実際にお金は貸してくれますが、「5万円借りて10日後に7万円返済」というように普通ではあり得ない利息を請求してきます。
  • 銀行や消費者金融などの金融機関での借入は多少の差はありますが、概ねどこも同水準の金利を適用しており、ある特定の業者だけが突出して金利が高いということはありません。
  • 消費者金融のカードローンであれば18.0%前後が平均的な金利となっていますが、これは利息制限法という法律によって以下のように上限金利が定められているためです。
  • 正規の貸金業者から融資を断られて途方に暮れている方にとって、審査なしで簡単に借入ができる個人間融資は非常に魅力的です。
  • しかし、個人間融資には詐欺やトラブル、闇金など数多くの罠が潜んでいます。
  • インターネットで個人間融資を検索すると、数多くの専用掲示板が表示されますが、危険です。
  • 安易に手を出してしまうと、お金を騙し取られたり、法外な利息を要求されるなど、自分の首を絞めてしまうことになります。
  • 金融機関からお金を借りれず困っている場合は、危険だらけの個人間融資を利用するのではなく、公的機関からの融資などを検討してみましょう。
  • 個人間融資掲示板で大手金融業者の名前を使って融資を募っている方がいますが、これもヤミ金や詐欺業者と見て良いでしょう。
  • 個人間融資掲示板ではほぼ審査なしで融資を行いますので、厳格な審査を行う金融業者が個人間融資を利用するのはまずあり得ません。
  • 大手ではなく中小の消費者金融であれば個人間融資掲示板を利用している可能性はあるかもしれません。しかし、その場合でも安易に申し込みはせず、まずはその業者について調べるようにしましょう。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がありませんか?私なりにお勧めしたい方法があります。

でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がある・・・怖いんですけど・・・
というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

メリット:コツコツと実践することで支出を抑えることができます。
デメリット:即金性は低いです。コツコツ貯めていきたい方向けです。

誰か50万貸して!個人間融資は危険なの?あなたにおすすめの方法①

結論です! 今まで、ひと月に約10回以上外食に出かけていたのをやめて、家で作って食べるようにして食費を抑えました

“子供自らみんなと勉強したく塾へ行きたがったので、子供の成績をあげるためならまた子供においしいものを食べさせてあげたいと思う気持ちが

全然苦にはなりませんでした”

実際、効果ないなら私はやりませんよ?・・・効果のほどは?

いままで、外食費をいくらかかるか計算したことがなかったが、実際計算してみると約2万円ほどかかっていたので、家で食事を作るようになり外食をやめた金額約2万円が貯蓄に回せるようになりました

まずはなぜ節約するのか、どんなことのために節約するのか、ただ漠然とお金を貯めるためにするという気持ちではなく、必ず節約する目的、目標を持つことが一番大事だと思います。それが決まれば、次に大まかな家計簿でもよいのでつけてみて、一番大きな出費に対してどのように節約できるのか考え、出来る範囲で節約するのが目標達成の近道であると思います。

誰か50万貸して 個人間融資 危険 ・おすすめの解決策②

結論です!
カフェに週3で通っていたところを、徐々に週1まで減らしていきました。外でカフェに入らなくても良いように水筒を持ち歩き、その中身も温かい甘い紅茶にしました。本当はコーヒーが良かったけれど、普段はカフェラテにして飲んでいるので、さすがに水筒でカフェラテを入れると腐りやすいため断念しました。代替案が温かい甘い紅茶なわけです。どうしてもコーヒーが飲みたいという時だけカフェに入って良いというルールを作りました。またカフェ代を捻出するために、郵便局のATMで小銭貯金を始めました。
最初のうちは水筒を毎日洗うことと、自由にコーヒーが飲めないストレスが大変でした。水筒は帰宅したら座る前に即洗うようにしてクリア。コーヒーは3日ほど口さみしい感じがあったので、紅茶を濃いめに淹れることで口を慣れさせていきました。紅茶も段々と美味しく感じられるようになっていきました。

お金が貯まるのはわかった!でも、実際の節約額が気になるんですが

1ヶ月のカフェ代が2,000円以下になったので、月々3,000円は浮きました。むやみにカフェに入らなくなったことで、自由時間が増えた気がします。また、カフェインの摂りすぎが抑えられたのか、よく眠れるようになりました。カフェ代捻出のために始めた小銭貯金のおかげで、ちょっと高めなメニューも楽しめるようになりました。

目的を達成するためにお金が必要なあなたに私が伝えられること!

節約がうまくできないという人は、思い込みが強いのかもしれません。私もそうですけど、カフェのコーヒーがないと一日が終わらない、とか思ってしまったり。ただ習慣になっているだけのこともあります。あとは楽しみのためのお金を用意するといいと思います。私にとっての小銭貯金が、値段を気にせず使ってよいお金なのですが、金額を考えないだけで、そのもの(お高いコーヒーとか)を普段よりもっと満喫することができます。一度その楽しみを覚えると、節約も続くかなと思います。